Skip to content

外壁塗装が必要なタイミングについて

外壁塗装は劣化した外壁のメンテナンスで、自然からの猛威を受ける外壁の劣化を、新築時の機能に取り戻すことが出来ます。一般的に、10年と言う目安が外壁塗装には在りますが、10年と言うのは平均的な年数であり、住宅の置かれている環境などに応じて年数は長くなる事も在れば短くなることも在ります。耐久性が薄れてしまった外壁はそのままにしておくと雨漏りや湿気などの原因に繋がりますし、木材を腐食させてしまうなど、家を守る事が難しくなってしまいます。外壁は家を守るために作られている部分でもあり、耐久性が薄れた状態にしておけば大きな損害に繋がる事も在ります。

外壁を見た時にひび割れている部分が在るケースは誰が見ても、外壁の劣化を知ることが出来ますが、ひび割れが起きていなくても外壁は劣化が生じているケースが在ります。その判断の方法の一つとして、外壁に指先で軽く擦り、指先に白い粉が付いていないかどうかをチェックする方法が在ります。塗料で塗られた外壁は塗膜が作りされて耐久性を持ちますが、この塗膜に含まれている樹脂成分が表面に上がってくると白亜化と呼ばれる現象を起こし、これにより耐久性が低下している事が解ると言う事です。白亜化が生じた状態では外壁は雨を浸み込みやすくしてしまうので、外壁塗装が必要になると言う事です。

尚、外壁塗装を行う事で外壁には塗膜が作り出されるので、雨を弾き飛ばせる外壁に戻す事が出来るようになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です