Skip to content

ギターの専門学校で挫折したら負け

ギターの専門学校は全国に色々とあります。都会に有名な専門学校があることが多いですが、それぞれの地域において何かしらの教室や学校は割と多くあります。専門学校へ通う場合、それはギターを上達したいから通う人もいれば、プロになりたいから通う人もいます。基本的に学校を楽しめる人はやはりプロになることにあまり期待していない人だと言えます。

本気でプロを目指して専門学校に入学する場合、その人の実力によっては最初にプロが可能かどうかが大体分かります。要するに入学当時からすでにプロ並みの腕前を持っている人、こうしたレベルに達していない限りは在学中のレッスンで一気にレベルが飛躍する人は少ないため、プロを目指すことに挫折することが多くなります。ギターがうまい人、これは大抵楽器を始めてから数年で頭角が出てくることが多く、そうした人がプロになることが多いです。専門学校へ様々な理想や夢を抱いて入学しても、挫折したらそこで負けてしまうので、今はプロになるという現実が薄れてもしっかりと学校を卒業して、計画を少し長期的に考えるようにしましょう。

これはとても大事です。今はインターネットで動画を投稿するなど、自分を売り込む方法はいくらでもあります。学校へ行くことでいろんな仲間を作ることができ、講師とのコネクションなど、本当に学校へ行くことのメリットは豊富にあります。いつプロになるのか、このタイミングは本当にいつやってくるか分からないものです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です