癌治療にも有効な食材

病気の予防と改善に役立つアガリクス

アガリクスとは、ブラジル原産のキノコで、多糖体類、βグルカン、ペクチドグルカン、ヘテログルカン、プロテオグリカン、核酸などの成分を含み、抗癌作用やアレルギーの改善、血糖値抑制、動脈硬化予防、肝機能改善など様々な病気の予防と改善に効果があるとされています。抗癌剤治療や放射線治療による副作用を軽減する効果もあるため、多くの癌患者に支持されています。 アガリクスの有効成分を摂取したい時は、飲みやすく続けやすいサプリメントを利用することをお勧めします。 アガリクスのサプリメントは錠剤、粉末、顆粒、細粒など様々な形状のものがありますので、自分に取って飲みやすい形状のものを選びます。また、消化吸収性を高めるために独自加工を加えている製品の方が高い効果が期待できます。 さらに、クロレラCGFという成分はアガリクスと一緒に服用するとそれぞれの効果が高まることが知られていますので、これを含むアガリクスのサプリメントは得られる効果が高いと言えます。

医師に相談して服用しよう

アガリクスが注目されてから、癌治療は飛躍的に進みました。抗癌剤による副作用を軽減することが医療学会でも発表されたことを受け、抗癌剤とアガリクスのサプリメントを併用した治療の導入を進めている医療機関も増えているのです。抗癌剤や放射線治療によって治療を行なう癌患者の身体は、免疫力が低下してしまうことが危惧されています。元々身体には古い赤血球や不要な病原菌などを消化してくれる細胞内皮系機能と呼ばれる防衛機能が備わっているのですが、抗癌剤や放射線治療はこの機能も低下させてしまうことが分かっています。しかし、アガリクスは身体に本来備わっている免疫力や防衛機能を守る働きがあることが確認されています。そのため、抗癌剤や放射線治療の良い効果だけを得て、身体に大きな負担を与えないように治療を進めていくことができるのです。しかし、使用する際には担当医に相談して行なうことが大切です。担当医と治療に繋がる情報を共有することはとても重要なことと言えるでしょう。